So-net無料ブログ作成
検索選択

失われた歴史 [盗賊ギルド]

ギルドの特殊任務を聞きに行こう。

1.jpg

本を盗んでくる仕事を与えたギルドメンバーが行方不明らしい。
仕事場所であったスキングラードの街に行ってみよう。

2.jpg

3.jpg

スキングラードの街へ行き乞食に話聞く。
どうやら盗みの仕事は成功したようだが、その後失敗したようだ。

4.jpg

5.jpg

近くに逮捕したという衛兵隊長が。
うん?なんか選択肢があるな。

6.jpg

牢屋のあるお城で働けば、
捕まったギルドメンバーに接触するチャンスもあるかもしれない。

7.jpg

ちょうど囚人に飯を持っていく仕事をする人間を募集してたようだ。
できすぎた話だよ。やります。

8.jpg

9.jpg

さっそく牢獄へ行こう。
ひどい扱いだな。衛兵め!

10.jpg

11.jpg

囚人に話聞く。
どうも囚人はどこかに連れて行かれているみたいだ?

12.jpg

捕まったギルドメンバーは連れて行かれたまま帰ってきてないらしい!
やばし?!

13.jpg

どうもついさっきも一人連れて行かれたって話だ。
激しく抵抗し血を流していたらしい。

14.jpg

失われた歴史2 [盗賊ギルド]

話に聞いた連れて行かれた囚人の血の跡が。
これをたどって行ってみよう。

15.jpg

壁の灯りがスイッチになっていて隠し扉が開いた!

16.jpg

隠された通路を進むと地下のワイン蔵?に出た。
そこにさらに隠し扉があり、先にはまた通路が。

17.jpg

!! 誰か襲いかかってきた! 身を守るためやるしかない!
どうも吸血鬼だったようだ。こいつが囚人を連れて行っていた奴か?

18.jpg

あーっ探してたギルメン死んでた!

19.jpg

20.jpg

うわあああああ血を抜かれたんだ!!ここは献血室だ!
これは・・・ここの伯爵様がアレだから、それ用ってことなのかな?
ひどい

21.jpg

あーっまた彼だ。
血だらけで連れて行かれたのってAmuseiだったのか。

23.jpg

うん、うんそれがいいよ。

24.jpg

どうも死んだギルメンから伝言を言われているらしい。
自分がもう助からないことを悟っていたんだ。
一緒に見つからないよう脱出しなければ。

26.jpg

27.jpg

見つかって何度かやり直したり(セーブ&ロード)しつつもなんとか脱出。
遺言を教えてもらう。ではここで。さようなら。ギルドでまた会おう。

28.jpg

伝言通りに本発見。

29.jpg

持って帰りましたども。報酬を貰う。

30.jpg

Lexの始末 [盗賊ギルド]

新聞新刊もらった。この間のウォータフロント騒動についてだ。

1.jpg

2.jpg

盗賊ギルドの新しい仕事だ。
宿敵である警備隊長Lexをついに始末する?!

3.jpg

殺すわけじゃないらしい。
それは暗殺者の仕事であって、盗賊の領分じゃないって。

10.jpg

どうやらLexをインペリアルシティから遠く、
アンビルの街へ左遷させる計画のようだ。やります。
ややこしい手順を聞き、仕事を始めよう。

4.jpg

5.jpg

ふーん。GrayFoxはアンビルの領主と何か関係があるのかな。

11.jpg

まずはアンビル伯爵夫人の護衛長を推薦する手紙を
それを持っている城の執事から盗み出さなきゃならない。
乞食から情報入手。

13.jpg

城にはギルドの内通者が。
隠し通路を教えてもらい中に侵入。

16.jpg

17.jpg

執事の部屋から手紙を盗みとる。
次はこれを偽造しなきゃならない。

18.jpg

19.jpg

Lexの始末2 [盗賊ギルド]

偽造者が街の空き家にいるらしい。

20.jpg

ここか。ボロいな。

21.jpg

空き家の中にいる怪しげな男に
盗み出した推薦状の偽造を依頼する。
態度でかいな。よそ者のくせにーっ

22.jpg

一日待つと偽造できてた。代金と引き換えに貰う。

23.jpg

次はそれを本物っぽくするために、
帝国兵の封印を手紙に押さなきゃいけない。
インペリアルシティの帝国兵事務所?に忍び込み印鑑をこっそり不正使用。

24.jpg

そして手紙を伯爵夫人に持っていく。
しめしめ偽造とも知らずLexを護衛にするようにしたようだ。
Lex隊長宛の命令書を受け取る。これを奴に届けよう。

25.jpg

26.jpg

どうやら執事は自分の親族を護衛の任に就かせたかったみたいだ。
悪態をつかれる。ざまーー

27.jpg

Lexへアンビル伯爵の手紙を持っていく。
くそう嵌められたと言いながらも忠実な奴は新たな任務へと向かう。
これで邪魔者をついに排除できた。

28.jpg

29.jpg

そしてギルド幹部へ仕事完了を報告。ギルドランクUP

30.jpg

31.jpg

見えない目を向ける [盗賊ギルド]

もう盗賊ギルドの特殊任務はないんだけど、あんたほどの腕なら
GrayFox本人から直接何か声がかかるかもしれないってことだ。

1.jpg

2.jpg

ふむ。インペリアルシティで待機するか。

3.jpg

警備兵Lexの転勤が話題に上がってる。
GrayFoxなんだのと奴が勝手に騒いでただけじゃないの?という人も。

4.jpg

5.jpg

新聞にも載ってる。
どうやら盗賊ギルドに対する監視の目はゆるんだような感じだ?

6.jpg

7.jpg

8.jpg

きた。GrayFoxからの連絡だ。ブルマか。

9.jpg

ブルマの街にある家へ。ここの家主もギルドメンバーなのか。

9b.jpg

ついに伝説的人物GrayFoxと対面。手配書通りの頭巾をかぶっている。
どうやらやはり何かを盗み出す仕事を頼みたいようだ。
寺院に隠された石?を盗み出すのか。やります。

10.jpg

11.jpg

今回の特殊任務は、
目的の物を守る者に関してはギルドの掟には縛られない、
場合によっては殺害しても構わないってことだ。
それだけ重要ってことか。

12.jpg

見えない目を向ける2 [盗賊ギルド]

教えられた場所へと向かう。ここか。

13.jpg

僧侶に話を聞くがしらばっくれてる。魔法使うしかない。

14.jpg

ふむ、ふむ

15.jpg

地下墓地で盲目僧が目的の石を守ってるらしい。
入り口まで案内してもらう。

16.jpg

17.jpg

中はまっくらだ。誰かいるようだ。

18.jpg

こっそり通り過ぎようとしたが気づかれた!
目が見えない代わりに音に敏感なようだ。やるしかない!

19.jpg

盲目僧や罠やガイコツを退けながら
地下へ地下へと降りていく。

20.jpg

なんかそれっぽい所にたどりついた。守衛を打ち倒す。
ちょんまげ?サムライなの?

21.jpg

そして目的の物をゲット。これか。

22.jpg

僧侶の寝床に何か資料のようなものが。

23.jpg

あのGrayFoxが身につけている頭巾についてのこと??

24.jpg

25.jpg

石を持ち帰りGrayfoxに渡す。
遠視の魔法か何かがかかった品なのだろうか?
これのことを皇帝か知っていたら
破壊されるか奪われるかしていただろうということ。
報酬をいただく。また何かあれば声をかけるからという。

25b.jpg

頭巾について聞く。
えっまじです??

26.jpg

27.jpg

彼自身も頭巾をもてあましている、呪いをなんとかしたいような感じだ。

28.jpg

ふむ、次の任務をするには盗みの仕事が足りてないようだ。どうするか。

29.jpg

コレクター [インペリアルシティ]

インペリアルシティの街を歩いていると誰か話しかけてきた。
主人からの手紙ですと手渡される。あどうも?

1.jpg

2.jpg

手紙読む。
なんか礼儀正しそうな人だな。
いつだか古代の遺跡から持ち帰ったアイテムを売ったのが、
その収集家である手紙差出人の目にとまったらしい。

3.jpg

4.jpg

その収集家に会いに行ってみる。あども。

5.jpg

ども。変な髪型。
古代の像が10個くらい現存しているようで、それが欲しいということだ。
その辺の店に売るよりも高値で買い取るから
見つけたら持ってきてくれという。はい。

6.jpg

7.jpg

この前遺跡で手に入れた変な像みたいなあれだ。

8.jpg

古代遺跡を探し、

9.jpg

内部に巣くう怪物を打ち倒し、

10.jpg

像を探して歩く。

11.jpg

像を持っていくと、依頼者が調べた遺跡の場所などを教えてくれる。

12.jpg

13.jpg

引き続き各地を巡り像探し。
全ての場所は教えてもらえないので、攻略Wikiから教えてもらう。


14.jpg

15.jpg

全て集めて持って行き、報酬の大金を手に入れるやったー!

16.jpg

17.jpg

10個集めるのはなかなか大変な作業でした。棚に飾られれる。

18.jpg

得るものは何も無い [インペリアルシティ]

古代像収集家の依頼をいくらかこなしていると、別の仕事を頼まれる。

1.jpg

やはり古代遺産の何かしらを探してきてくれという。
しかしその探索場所もよくわからないので、それの調査からだ。
調査に必要になるであろう資料と鍵を受け取る。

2.jpg

資料を見てみる。
場所の特徴などかな?いまひとつよくわからないな。

3.jpg

収集家の家を出ると、誰かが声をかけてくる。
どうもやはり同じ依頼を受けたらしい?トレジャーハンターのようだ。
近くの店で一杯やりながら話さないか?ってこと。ははい。

4.jpg

なんか陽気な奴だな。探索のアドバイスをしてくれる。

5.jpg

魔法を食らわせてより詳細を聞き出す。話せや。
探索すべき遺跡の場所がわかった。

6.jpg

7.jpg

なんか本を読めってことだったので
本屋で探すと目的の本を見つけた。

8.jpg

よくわからないけど、
なんか危ないモンスターのいそうな場所なのかな。

9.jpg

10.jpg

遠く目的地まで歩く。
目的地近くで話してる人が。冒険者なのかな?

11.jpg

遺跡に到着。内部を探索しよう。

12.jpg

得るものは何も無い2 [インペリアルシティ]

中は狼だらけ。
もっと危険なデイドラとかいるのかと思ったけどそうでもなかった。

13.jpg

遺跡を奥へ進むと奇妙な扉が。依頼人に貰った鍵で開くことができた。

14.jpg

あ、これかな? 資料の絵にそっくりだ。

15.jpg

その壁画?タペストリー?を外し取ると壁がいきなり崩れてきた!
あぶねえ!

16.jpg

そして周囲の壁が開いてモンスターが! 守衛か。
しかしガイコツなんて敵じゃないぜ。
魔術師ギルドで魔法の装備を自作したからかなり強くなった。

17.jpg

帰ろうと遺跡の外へ出ると、あのトレジャーハンターが。
どうやら始めから横取り目的だったみたいだ!くそが!

18.jpg

返り討ちだ横取り野郎どもがあああああ

19.jpg

あこいつら、さっき遺跡の近くで話してた冒険者みたいな奴らだ?
待ち伏せ目的だったのかくそ。

20.jpg

あっ馬に乗って逃げやがったくそ!
横取り野郎は皆殺ししようと思ったのによー!

21.jpg

横取り野郎のことを聞く。しれっとしてるな。ダブルブッキングだ。

22.jpg

とりあえず依頼は達成したどうぞ。

23.jpg

Ayleidの秘密 [インペリアルシティ]

収集家が、トレジャーハントではないんだけど、別の依頼を頼みたいらしい。
はい。

1.jpg

ライバルの収集家が持っているある品がどうしても欲しくて、
なんとか手に入れてきてくれないか、と大金を渡してくる。
報酬+購入代金など経費だ。タダで手にれれれば丸儲けだ。
王冠?

2.jpg

3.jpg

ライバル収集家のとこに行く。やっぱりだめみたいだ。
その王冠はただの骨董じゃなく、何か秘められた力があるようだ、
危険だから渡すわけにはいかないということ。

4.jpg

5.jpg

しかしあなたを追い返しても、また別の誰かが遣わされて来るだろう、
そこで提案なんだが、王冠にはもうひとつ別の物があるから、
それを探してきて渡してはどうか、と言ってくる。
Umbacanoは現物を見たことはないだろうから、
きっと違いはわからないだろうって。

6.jpg

7.jpg

さてどうするか、この提案に乗るか、
それとも依頼の品をどうにかする(盗みとるなりする)か・・・。

8.jpg

別の王冠を取りに行くことにする。結果依頼者をだますことになるけど。
王冠について聞いた話が何か気になる。

9.jpg

おおここか。この前の時と似たような扉があるな。

10.jpg

古代の王冠を発見。

11.jpg

依頼人に持っていく。
ちょっと思ってたのと違うけど、確かに本物だと。ばれてない。

12.jpg

そしてある遺跡の調査に行きたいので護衛をお願いできないかと
さらに依頼してくる。報酬ははずもうということだ。
行きます。彼の行動の意味を見届けよう。

13.jpg

14.jpg

15.jpg

      

   

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。